ラバリエ > ご利用ガイド > まめ知識

まめ知識

A判

A判とは国際標準規格(ISO)で定められた用紙サイズのことで、A列という寸法を使用して作成されます。
A列寸法は縦横の比率が1:√2になるように設定されています。
A判には0〜10までのサイズがあります。
A0サイズの大きさは841ミリ×1189ミリです。A0を半分にしたものがA1、さらに半分にしたものがA2と、数字が増えるにしたがって小さくなります。

【概略図】
A判.jpg

ページトップへ戻る

B判

B判とは日本で開発された用紙サイズのことで、A判とは異なり国際標準規格ではありません。
江戸時代に公用紙として使われていた「美濃紙」がルーツになっています。
B判の縦横の比率はA判同様に1:√2です。
B判には0〜10までのサイズがあります。
B0サイズの大きさは1030ミリ×1456ミリです。B0を半分にしたものがB1、さらに半分にしたものがB2と、数字が増えるにしたがって小さくなります。

【概略図】
B判.jpg

ページトップへ戻る

CMYK

CMYKとは、「色の三原色」とよばれるシアン(Cyan)・マゼンタ(Magenta)・イエロー(Yellow)の3色にブラック(Black)を加えたものです。

印刷所では一般的にCMYKでの入稿が求められます。
光の色の作り方とインクの色の作り方は異なるため、RGBとCMYKではまったく同じ色を再現することができないからです。

CMYK.jpg

ページトップへ戻る

RGB

RGBとは「光の三原色」のことで、赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)の光の量を調整することで色を変化させます。
テレビやパソコンのモニタ、スマートフォンの液晶部分などで使われています。

RGB.jpg

ページトップへ戻る

画像解像度

画像解像度とは、画像の精細さを表す数値のことで、dpiやppiの単位で表現します。
数値が大きいほど高精細になり、数値が小さいほど目の粗い画像になります。

印刷物には適した解像度があり、一般的には350dpiと言われています。
解像度が低い画像を印刷した場合、ぼやけた印象になりますのでご注意ください。

ページトップへ戻る

トンボ(トリムマーク)

トンボとは、印刷物を作成する際に仕上がりサイズに断裁するための目印です。
また、多色刷りの際には版を重ね合わせる目安になります。

四隅に配置されるマークを「角トンボ」または「コーナートンボ」、中央に配置されるマークを「センタートンボ」または「十字トンボ」とよびます。
折り目などの加工の位置を示すための目印としても使われます。

【概略図】
トンボ.jpg

ページトップへ戻る